飛蚊症って何?

飛蚊症とは、白い壁や青空を見た時に、目の前を黒い点や糸くずのようなものが飛んで見える状態のことを言います。
目を動かしてもその浮遊物は同じ方向に移動し、細かく揺れる症状が蚊が飛んでいるように見えるため「飛蚊症」と言われています。

浮遊物の形は、ひも状のものやリング状のものなど人により様々です。
ほとんどの場合は問題はありませんが、中には重篤な病気の予兆であることもあるので、黒い浮遊物を認識したら眼科医の検査を受けられることをお勧めします。

飛蚊症は誰でもなる?

飛蚊症とは、加齢が原因で現れる場合が多いと言われています。
ですので年齢を重ねれば、誰にでも起こる可能性がある症状です。

飛蚊症は失明の恐れがある病気の前兆?

飛蚊症は生理的な要因で起こるものと、病気が要因で起こるものがあります。

生理的な要因は、加齢により硝子体の成分が変化して、一部にシワのようなものができて、この部分が濁ってその影が網膜に映り視野に黒い点や糸くずのように見えるのです。

しかし、病気が原因で起こる場合は注意が必要です。

網膜剥離の前兆としてとして飛蚊症が起きるケースもあります。

網膜剥離は失明にもつながるので、早めの処置が肝心です。

大半の飛蚊症は生理的な要因で起きることが多いですが、個人で判断せずに必ず眼科医の検査を受けて下さい。

読書してるとチラつく浮遊物が・・・

飛蚊症とは加齢により硝子体の変化で現れることが多いので、ある日突然読書や新聞を読んでいる時に気がつく方も多いでしょう。

何の前兆もなく目の前に浮遊物が現れても慌てる必要はありませんが、気づいたら眼科医で検査をするようにして下さい。

人によっては飛蚊症は子供の頃から現れます

飛蚊症の原因には生理的なものと、目の病気が原因なものと二つあります。
生まれつき飛蚊症が存在しているケースもあります。

それは、母体内で胎児の眼球が形成される過程で、硝子体に通っている血管が、眼球が完成した時に無くなるのが普通ですが、それが生まれた後も血管の名残として硝子体に残ると、これが「濁り」となり飛蚊症の症状を感じるようになります。

このような原因により、生理的要素により飛蚊症が子供の頃から現れるケースはあります。

しかし、その症状に気づいた時、それは生理的なものか、病気が原因なのかを眼科で検査をするようにして下さい。

パソコンの影響?20代や若年性の傾向にある飛蚊症

飛蚊症は、紫外線で発生する活性酸素の影響により、硝子体という組織が変化することでも起こることもあります。
最近ではパソコンやスマホを長時間使用する20代や若年層に増加する傾向があるようです。

パソコンやスマホの画面から出ているブルーライトは紫外線が含まれているので、長時間の使用はなるべく避けましょう。
どうしても長時間使用する必要がある時は、ブルーライトカット用のメガネを使用するなどの対策をとりましょう。

ボクシングや目をぶつけた時に起きる飛蚊症

前述にもありますが、飛蚊症には網膜剥離の前兆で起こる場合もあります。

ボクシングをやられている方で、目にパンチを受けられたり、何らかの原因で強く目をぶつけたりしたと後に飛蚊症が現れた時は網膜剥離の可能性もあるので、早めに眼科医の検査を受けて下さい。

飛蚊症の人口

飛蚊症の症状がある方は。昔は50代以降の方が多かったのですが、現在では20代などの若年層にも多く発症しています。
これはスマホやパソコンのブルーライトに含まれれる紫外線の影響です。
ですから全人口の相当数に発症していると考えていいでしょう。

また、眼球の中の硝子体は必ずどこか不透明でない部分が生じているので、そういう意味で飛蚊症の発生率は100%という説もあります。

飛蚊症の対処法

飛蚊症とは、生理的な原因な場合は特に心配はないものです。
ですので、まずは眼科で検査を受けて、それが生理的なものなのか、病気が原因なのかを知ることです。

特に治療する必要もありませんが、どうしても気になるなら、目に有効なサプリメント(特にルテインが豊富なもの)や目薬が対処法として考えられます。
飛蚊症に有効なサプリメントや目薬についてはこちらで詳しく解説しています。
飛蚊症に有効なサプリメントとは?

効果ある?飛蚊症に効く目薬とは!