飛蚊症を治したい!

目の前にチラつく不快な浮遊物「飛蚊症」。
50代、60代になるとその発生率は高くなると言われています。
最近ではスマホの影響で若い世代にも増えてきていると聞きます。

飛蚊症の原因には2つあり、生理的なものと眼病です。
眼病が原因で起きている場合、治す方法としては眼科医による専門的な処置になります。 生理的な原因で起きている場合、眼科では治すための処置を行うことはあまり無いようです。 それは多くの場合、加齢が大きな要因であり誰にでも起きる可能性があるからです。 突然増えたりすると危険ですが、「うまく付き合って行くことが大切」というスタンスです。

ですけど、気にし始めると飛蚊症はとても目障りです。
「治すことは本当にできないの?」
「治す方法があれば知りたい!」
飛蚊症に悩むあなたなら、そう思いませんか?

では飛蚊症(生理的)を治すことはできるのでしょうか?
治すことが可能なら、その方法とは?

飛蚊症を治す手術がある?

以前から海外では飛蚊症を治すためのレーザー手術が行われていました。
日本では行われていませんでしたが、3年くらい前からレーザーによる飛蚊症の手術が日本でも受けられるようになりました。 ただ、この手術では一度に完全に消すことが難しく、再度手術を繰り返すリスクもあるようです。 完治させるというよりも「飛蚊症を軽減する!」というスタンスで捉えた方がいいでしょう。

飛蚊症のレーザー治療についてはこちらを参照して下さい。
効果はある?飛蚊症のレーザー治療とリスク!

飛蚊症の発症や進行を防止する方法

飛蚊症を治す方法は今現在では、まだ確かな方法はないようです。
しかし、飛蚊症の発症を遅らせたり、進行を防止する方法はいろいろと紹介されています。 ツボの指圧による療法もその一つです。

眼の周りにはたくさんのツボがあります。
その中には、飛蚊症の発症の誘因でもある眼精疲労に効くツボがいくつかあります。
このようなツボを押して、眼精疲労の改善をしたり、眼の健康を維持することが飛蚊症の発生を遅らせたり防止することが期待できます。
主なツボを紹介します。

「攅竹(さんちく)・・・眉毛の鼻側 <効果>目の疲れ、頭痛、めまい

「魚腰(ぎょよう)・・・眉毛の中央 <効果>目をスッキリさせる


「絲竹空(しちくくう)・・・眉毛の一番外側(すこしくぼんでいる所) <効果>目の疲れ・充血、めまい、

「晴明(せいめい)・・・目頭と鼻のあいだのくぼみ <効果>目の疲れや頭痛、風邪の症状(鼻水・鼻づまり)

「承泣(しょうりゅう)・・・目尻から親指1つ分位外側 <効果>目の疲れ・充血、かすみ目、頭痛

「瞳子(りょうし)・・・目尻から親指1つ分位外側 <効果>目の疲れ・充血、かすみ目、頭痛

「太陽(たいよう)・・・目尻からもみあげの間にあるくぼみ <効果>精神を安定させ、脳をすっきりさせる他、眼精疲労や頭痛、歯の痛み

これらを順番は関係なく、1箇所につき7〜8回押してください。
その際は、力を入れすぎず軽く押さえてください。
慣れてきたら少しづつ力を入れて押さえてもいいですが、痛くない程度にしてください。
片目づつやる方がいいでしょう。

飛蚊症と東洋医学

漢方や鍼灸治療など、東洋医学でも飛蚊症の対策が考えられています。
「眼精疲労や目の酷使などの原因で起きた飛蚊症は鍼灸治療で高い効果が期待できるとも言われています。 顔面のツボに施術されていきますが、目の周りには肩や腰と比べると痛みを感じやすい部位になるので、高度な鍼灸専門知識と熟練した技術をもった鍼灸院での治療が望まれます。

また、漢方(中医学)も目のトラブルによく取り入れられています。 白内障、緑内障の治療によく使われているようですが、飛蚊症にも効果があると言われています。
眼精疲労などは、中医学で「肝腎両虚」と言われ、エネルギー低下状態になっていることが原因です。 飛蚊症の人は老化が進んでいたり、虚弱者に多いため、腎陰が不足していると考えられています。 このような眼精疲労や飛蚊症の方に勧められるのが「杞菊地黄丸」という漢方薬です。

また紫外線から目を守ることでよく知られている「ルテイン」ですが中国では「葉黃素」と呼ばれていて、中国の観光客が日本で「葉黃素」入りのサプリを購入して帰られることも多いと聞きます。

ルテインの性質についてはこちらを参照して下さい。
ルテインが重要!飛蚊症の改善に有効な成分とは?

効果的な方法を取り入れて飛蚊症の予防を!

飛蚊症を治す方法として、レーザーによる手術を紹介しましたが、「眼の手術」ということに対して抵抗も感じると思います。
また完治することは難しく、あくまでも「軽減」という感覚で理解しなければならないので「飛蚊症を治す!」と考えても手術にはなかなか前向きになれないかもしれません。
ただ紹介してきたツボ療法では眼精疲労を改善する効果も期待できるので、飛蚊症の発生を抑えることはもちろん、日々の疲れを残さないようリフレッシュさせることで眼の健康維持につながるはずです。

また、眼に有効なサプリメントもあります。
改善に期待できる成分を含むサプリを飲んでみることも方法の一つです。
サプリメントについてはこちらで解説しています。
飛蚊症に効く成分で選ぶ!そのサプリメントとは?

パソコンやスマホは私たちの生活の必須アイテムになっています。
眼の疲れは日常生活では逃れることはできないかもしれません。
そんな時は眼をリフレッシュして眼疲れを溜めないようにして下さい。