飛蚊症は硝子体の濁りが原因

眼球の大部分はゼリー状でできている硝子体という物質で構成されています。
角膜と水晶体を通して入ってくる光は、この硝子体を通過して網膜に達します。

硝子体に何らかの原因で濁りが生じると、その影が網膜に映り眼球の動きと共に浮遊して見えるのが飛蚊症の正体です。

この濁りの原因は生理的なもの、病気のものがあります。
飛蚊症の見え方は様々ですが、青空を見上げた時や白い壁を見た時に見られことが多いようです。

飛蚊症の症状は黒い点、黒ごま状など様々

飛蚊症の見え方は人それぞれ異なり、黒い点、糸くず状、虫状、かえるの卵状、タバコの煙状などいろんな見え方があります。

そして視線を動かしても一緒に移動するように感じられ、まばたきや目をこすっても消えることはありません。
暗いところに入れば、その症状は気にならなくなります。

飛蚊症の見え方、基本的なことはこちらで解説しています。
目の不快な浮遊物、飛蚊症とは

透明、半透明の浮遊物が映る見え方

しかしながら、飛蚊症の見え方は、黒い点やゴマ状なもの、虫のようなものに限らず半透明なものもあります。
半透明で糸くず状だったり、アメーバ状だったり形はさまざまです。

また暗がりで透明の浮遊物が見える例もあります。
症状としては同じで、目をこすっても変化はなく、どこへ視線を移してもその半透明の浮遊物は一緒に移動してきます。

目が疲れた時に現れることも!

疲れ目が原因で飛蚊症の症状が見えることもあります。
目の周囲の筋肉が疲労して充血してしまうことで、硝子体が濁りやすくなる場合に起こります。
特に近視の人はその傾向が強いようなので、なるべく目を酷使することは避けたほうが良いでしょう。

疲れ目が原因の時は、
・ゆっくり休む、
・睡眠を十分にとる
など、疲れをしっかりと取ることで回復します。

また、スマホやパソコンの長時間の使用は疲れ目の原因になるので注意が必要です。

寝起きや時々見える飛蚊症

寝起きの時だけ、目の前にチラチラと飛蚊症らしきものが見える症状が出るケースもあります。
この場合、大抵は気にしなくて良いでしょう。

寝起きで、それまで眠っていた網膜や脳細胞が目覚める準備をしている時に、変なものが見えることは不思議なことではないと言われています。

また、飛蚊症は絶えず見えている症状と、時々出現してぴゅっと飛ぶように見える場合もあります。
ただし、常時見えるようになったり、見え方に急激な変化がおきた時は眼科医の受診を受けましょう。

最近黒い点が増えた!

生理的な原因、加齢による飛蚊症は一生付き合って行かなければなりませんが、特に心配することはありません。

ただし、
「最近黒い点が増えた」
「急に増えた」
という時は注意
が必要です。

網膜剥離、網膜裂孔など失明の危険もある重大な病気の前兆かもしれないからです。
網膜剥離とは、加齢や物理的ショックにより網膜が剥がれてしまった状態のことを言います。

見え方としては、黒い点、ゴミが見える、ピカピカ光る、視野が欠ける、よく見えない等があり、見え方として飛蚊症と共通している部分があります。

「少し飛蚊症が増えたかな」
という見え方の程度は本人にしか分かりませんが、個人的な判断をせず、早急に眼科医の検査を受けるようにして下さい。