飛蚊症を治療する目薬ってあるの?

「飛蚊症を目薬で治したい!」
そんなことを思ったことはありますか?

そもそも飛蚊症は眼の硝子体というコラーゲンやヒアルロン酸で構成されている部分が酸化により劣化して、濁りが生じることで発症するのが大きな原因です。
そして、その濁りが黒い虫のような形やゴマ状のような形で網膜に映り、目の前に見えてくるのです。

目薬で飛蚊症を治すためには、硝子体まで目薬が到達しなければなりません。
残念ながら、現在では硝子体まで届く目薬はありません。

届いたとしてもコラーゲンやヒアルロン酸でできている硝子体を溶かす目薬が必要になります。
それはつまり、体を溶解する目薬ということになってしまいます。

硝子体内に届くような目薬は、開発できたとしても角膜、水晶体を通過する必要があるので、通常の目薬よりも相当高濃度なものになり、大変危険な目薬になってしまうでしょう。

でももしかしたら、まだまだ先の未来には飛蚊症が目薬で治せる時が来るかもしれません。

飛蚊症の原因を改善する目薬

先述しましたが、飛蚊症は硝子体の劣化で起きる症状です。
また、加齢による硝子体剥離が原因で起きるケースもあります。
高齢者の飛蚊症は、この硝子体剥離の場合が多いようです。

また、飛蚊症の要因として眼精疲労も関係しているといわれています。。
パソコンやスマホの普及により眼精疲労に悩む人は多く、若い世代でも飛蚊症を訴える方が増えています。
飛蚊症を引き起こす要因である眼精疲労の改善には目薬は有効です。

長時間パソコンやスマホの画面を見続けることで目の乾きを感じる時は、ヒアルロン酸配合の目薬がおすすめです。
ヒアルロン酸は目の表面を保護して、角膜の傷をの修復を助け涙液を安定させる作用があるので、目の乾燥を防ぐことが期待できます。

眼精疲労に効果のある目薬

眼精疲労に効くと言われている人気の市販目薬を紹介します。

ロートV11

パソコン等で目を酷使した後に感じる、目の不快感・渇き・かすみなど眼精疲労の初期症状に効果がある成分などが11種類も配合されている目薬です。
目の充血の程度に合わせた抗炎症成分も含有。
薬局でもおすすめの目薬としてよく紹介されています。

ロートデジアイ

スマホやパソコンなどから受けるブルーライトによる目の疲れに効果があると言われています。
紫外線と並んで有害な光、ブルーライトの影響を長時間続けることで、目は大きな負担を受けることになります。

ロートデジアイには、活性型ビタミンB2の配合により目の角膜を保護する作用があります。
ブルーライト対策に必要な成分が最大濃度配合されているので、デスクワークの多い人にはオススメの目薬です。

サンテフォーカスV

スマホやパソコンを長時間見続けていると、近距離に焦点を合わせ続けるため、目のピント調節機能が疲労してしまい、疲れ目やかすみ目の症状が起こります。
サンテフォーカスVは目のピント調節機能を改善し、疲れを回復させるネオスチグミンメチル硫酸を最大濃度配合しています。
他にも、ビタミンやアミノ酸なども配合され、目の疲れを軽減させる効果がある目薬です。

その他、人気の目薬として、養潤水、眼涼12、アイストレッチコンタクト等があります。

飛蚊症を改善に期待できる方法とは?

「飛蚊症は目薬で治すことができるのか?」
について、ここでは解説してきました。

目薬での飛蚊症改善は現状では難しいですが、このサイトでは、他にも飛蚊症の改善に期待できる方法を紹介しています。
最新の方法から、オーソドックスな改善方法を紹介しています。
ぜひ参考にして下さい。

飛蚊症に効く成分で選ぶ!そのサプリメントとは?

効果はある?飛蚊症のレーザー治療とリスク!

最先端の治療方法とは?

必見!飛蚊症の治し方!