飛蚊症が増えた・・と気づいたら

飛蚊症は、眼球内の硝子体が劣化することで濁りが生じて、その濁りが影となり網膜に映り、糸くず状、黒い点、輪っか状の黒い浮遊物が目に映る状態のことを言います。 硝子体はゼリー状のため揺れ動きます。そのため目を動かすと同時に位置が動いたり、形が変わったりします。 そのため、飛蚊症の症状として浮遊物が増えたり減ったりしているように感じることもあります。

原因は加齢などによる生理的飛蚊症と眼病が原因で起きる場合があります。
飛蚊症を感じたら、必ず眼科で検査を受けて、生理的飛蚊症なのか眼病が原因なのかを検査する必要があります。

眼病が原因の場合は眼科医により、早急に処置が行われますが、生理的飛蚊症の場合は特に治療方法もないため経過観察となることがほとんどです。

経過観察の間に飛蚊症が増えた・・と悪化を感じたら網膜に異常が起きている可能性があります。
最近黒い浮遊物、飛蚊症が増えるなど悪化に気づいたら眼科の検査を受けて下さい。
飛蚊症の悪化は大変な眼病の前触れかもしれません。

生理的飛蚊症の悪化は要注意

生理飛蚊症と診断されていても、症状が悪化した時は注意が必要です。
今まで、2、3個だった浮遊物が急に増えてきた時は、できるだけ早めに眼科で精密検査を受けて下さい。

網膜と硝子体の間で大きな問題がおきているかもしれません。 悪化の原因として考えられる代表的なものは網膜裂孔です。
網膜裂孔は早めに処置をしないと網膜剥離に進行します。 網膜剥離は失明を伴う危険な病気です。

その他にも飛蚊症の症状が表われる眼病は、ぶどう膜炎、後部硝子体剥離、硝子体出血などがあります。
生理的飛蚊症でも症状が悪化したかな、と感じたら早急に眼科を受診して下さい。

飛蚊症の症状についてはこちらで解説しています。
黒いチラつきは要注意!飛蚊症の症状とは?

飛蚊症を悪化させないためには

加齢が原因の生理的飛蚊症の場合、基本的には一生付き合って行かなければならない症状です。 鬱陶しくて仕方ありませんが、なれべく気にしないようにすれば、それほど気にならなくもなります。 眼科医に相談しても、「見たいものだけを見るようにしましょう!」というアドバイスがあるくらいです。

生理的飛蚊症は、老化により硝子体内の抗酸化機能が落ちることで硝子体の劣化が進み、濁りが生まれることで起こります。
そのため、抗酸化力のある栄養素を食事から摂り入れることが、生理的飛蚊症の悪化をさせない方法の一つとも言われています。

抗酸化作用がある栄養素としては、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールやカロテノイドを含むファイトケミカル等をバランスよく食事で摂り入れると良いと言われています。

食事やその他の飛蚊症対策はこちらで詳しく解説しています。
食事も大事!飛蚊症対策に期待ができる方法とは?

また、紫外線が眼球内で活性酸素を発生させる元となるので、屋外ではサングラスをかけることも対策方法の1つです。
最近ではパソコンやスマホの長時間使用によるブルーライトの影響も懸念されています。
このような場合も、目を保護するためにブルーライト対策用のメガネをかけるのも飛蚊症対策の方法です。

普段から眼の健康を考えましょう!

飛蚊症は老化が原因で起きる場合がほとんです。 基本的には歳をとると誰にでも起こり得る症状です。 飛蚊症になったからといって悲観することはありませんが、その悪化には気をつけて下さい。

いつまでも健康な眼を保つように、必要な栄養素を摂り入れたり、パソコンやスマホの見過ぎに注意して眼疲れを防ぐことも大切になります。 普段の生活から気をつけていきたいものですね。

眼に有効な栄養素、サプリメントはこちらで紹介しています。
飛蚊症に効く成分で選ぶ!そのサプリメントとは?