飛蚊症かな?と感じたらまずは眼科で受診!

目の前に、黒い糸くずのようなものがチラついたりする飛蚊症。
青空を見上げたり、周りが白っぽい部屋に入った時にはじめて気づくことが多いと言われています。

「飛蚊症かな?」
と思ったら、まずは眼科へ行きその原因が加齢等による生理的飛蚊症なのか、病気の影響で発生しているのかを検査する必要があります。
大半は生理的飛蚊症ですが、中には網膜剝離、網膜裂孔など失明を伴うこともある眼病の前兆として起きている場合もあります。
そのため、飛蚊症を自覚した時は必ず眼科で受診しなければなりません。

飛蚊症を改善したい!

眼科での検査の結果、網膜裂孔や網膜剥離が原因になっている場合はレーザーによる手術など適切な処置が施されることになります。
また、生理的飛蚊症だった場合、特に治療法や改善方法を示されることは、まずありません。

「齢をとると、誰にでも起きることなので大丈夫ですよ。」
「あまり気にしないで、見たいものだけを見るようにしましょう!」
など、アドバイスをいただく程度です。

ただ、飛蚊症に悩むあなたなら、
「飛蚊症を改善したい!」
と思いませんか?
このサイトを管理している私も20代の頃から飛蚊症に悩んでいる一人です。
「少しでも飛蚊症を改善することはできないか?!」
その改善方法を模索した結果でこのサイトを構成しています。

改善が期待できる方法は様々ありますが、その一つ一つを紹介していきます。

飛蚊症を改善する方法とは?

生理的飛蚊症の原因は硝子体の劣化にあります。
角膜と水晶体を通して入り込んだ光は、次に硝子体という部分を通ります。
硝子体はゼリー状の物質でできています。

この水晶体が劣化することで、そこに濁りが生まれます。
その濁りの影が網膜に転写され、これが黒い糸くずや虫状のような形で目の前に現れます。
これが飛蚊症です。

劣化の原因は、硝子体が紫外線による活性酸素の影響で酸化してしまうことです。
近年では、パソコンやスマホの画面から発せられるブルーライトも紫外線と同じ活性酸素を発生させる要因となっています。
スマホの普及で利用者の低年齢化が進み、それに比例して若い層でも飛蚊症を起こすケースが報告されています。

硝子体は若い頃なら酵素が発生して、酸化を抑えることができます。
しかし、年齢を重ねると酵素が減少して酸化を抑えることが難しくなります。


硝子体の劣化を防ぎ飛蚊症を改善するためには、
紫外線、ブルーライトから目を守る。
抗酸化物質で活性酸素を抑える。
硝子体の濁りを軽減する。
これらが重要な改善ポイントになります。

このサイトでは、これらの飛蚊症の改善方法として
食事
サプリメント
レーザー手術
目薬
東洋医学(漢方、ツボ療法など)

などの改善方法を紹介していきます。

それぞれのページで詳しく解説していますので飛蚊症改善の参考にして下さい。
参考にして下さい。

飛蚊症対策に期待ができる食事とは?

飛蚊症に効く成分で選ぶ!そのサプリメントとは?

効果はある?飛蚊症のレーザー治療とリスク!

飛蚊症に効く目薬とは!

飛蚊症を東洋医学で治す?